練習日誌

終演の挨拶(プロデューサーより)

こんにちは。今回プロデューサーを務めさせて頂いた山本です。
最後に、私からも終演のご挨拶をさせていただければと思います。

===============

突然ですが、「大入り袋」というものはご存じでしょうか?

大相撲・寄席・歌舞伎などの興行で、観客が多く入った際に祝儀として関係者に配られるもの、らしいのですが、調べてみると色々な団体で多様な形で配られているようです。

一般的には祝儀袋に50円玉や100円玉を入れて関係者に配ることが多いようですが、劇団たくあんでは5円玉を参加メンバーに配っています。

そして、打ち上げの飲み会の場で、一人一人が5円玉を取り出し、他のメンバーと交換して回ります。
そうすることで、ご縁が回ってまたどこか公演などで関われたら、そういう気持ちを5円玉に込めて、メンバー間で交換するのです。

===============

劇団たくあんはいわゆる社会人劇団で、メンバーの半分以上が普段は会社などで働いています。

演劇はなんだかんだで時間的・体力的な負担がかなり大きく、仕事をしながら演劇を趣味として継続していくことは容易なことではありません。

公演を終えた時にはもう本当にヘトヘトで、私なんかは体力があまりないもので、しばらくは劇から遠ざかって体力・気力を充電する期間が必要になります。

そして、しばらく演劇から離れていると、もう良い歳だし、そろそろ演劇は辞めてもいいかもしれないな、なんて思ったりします。

でも、日常のふとした時に、定期券にそっとしまってある、みんなと交換した5円玉が目に入ってきます。そして、色々な記憶がさっと、蘇ってくる。
開演前の緊張感、終演時の拍手と前を見上げた時のまばゆい照明、打ち上げのにぎやかさ。

そんなフラッシュバックが5円玉の存在によりぽつぽつと日常の中で繰り返され、徐々に「また演劇やりたいなあ」という想いが沸き起こってくることになるのです。

今回の公演はそんな折りに、たまたま劇団たくあんのOB・OG会が開催され、演劇をまたやりたいという気持ちが急速に高まり、何人かに声がけをしてみたのがきっかけとなっています。
その時はまだ、何も決まっていなかったのですが、半年以上かけて何とか実現にまでこぎつけることが出来ました。大雑把な企画だったにも関わらず、参加してくれ、色々と協力してくださったメンバーのみなさんには本当に感謝仕切れません。

===============

私が劇に参加する際に大切にしている考えが一つあります。
それは、「全く同じメンバーで公演が出来ることは二度とない」という事実を常に意識することです。
加えて、私のような社会人メンバーだと、「今回が自分の参加する最後の公演かも知れない」という事実ものしかかってくることになります。
すこし重圧に感じたりすることもあるけれども、それでもみんなで劇を作っている「今」を楽しみたくて、この時間がいつまでも続くようなフリをしながら、今回の座組の個性的なメンバーたちと一緒に劇を作る喜びをかみしめるようにしていました。

今回、劇を観に来てくださった方々の何名から、「役者が劇を楽しんでいるのが伝わってきた」というお言葉を頂戴しました。
私たちが精一杯作り上げてきた楽しい空間が、少しでも観客の方々に伝播し、共感いただけたのであればこれほど嬉しいことはありません。

===============

今回の公演は本当に、様々な良い縁に恵まれました。
観客としてきてくださった方々もとても温かく、観客の方々の温かさがあったからこそ、今回の公演の良い雰囲気が実現できたのだと思います。
ご来場いただいた皆様、本当にありがとうございました。

最後に。
劇団たくあんは不定期に活動をしており、次の公演がいつになるかは決まっていません。
もしかしたら今回が最後の公演だった、ということもあるかもしれません。

でも、メンバーの心に植え付けられた今回の公演の記憶がそのうち芽吹き、誰かがまた「そろそろたくあんで演劇やりたいな」なんて言い出してくれるんじゃないかな、と信じています。

また、そのうちお会いしましょう。

終演しました。

劇団たくあん四本目
「曲がれ!スプーン」
終演しました。
たくさんの方にご来場いただき誠にありがとうございます。

演出の風口竜也です。

テレビやら映画やらインターネットでたくさんエンターテイメントを摂取できるこの時代に、演劇ってやっぱりハードルが高い気がしますよね。
わざわざ小劇場に足を運んで観劇する、みたいな経験を初めてされたお客さんもたくさんいるかと思います。

今回は、そういった方にできるだけ楽しんでもらおうと心がけていました。
我々の大半は、普段は仕事で忙しい社会人。
そんな人たちが、劇場で芝居を打つ様子を見て、少しでも演劇を身近な存在に感じていただければと思っていました。
この公演をきっかけに、
「また劇場に行きたいな」
「他の芝居も観たいな」
と思っていただけたらこれ幸いです。

またどこで何をやるかは分かりませんが、いつかまたお会いできればと思います。

では。

曲がっていった

おはようございます。たくあん初参加の池谷です。
スタッフで小道具をやっています。

今日は初日!良い天気で、「よし、頑張ろう!」と家を出てすぐのことです。
駅までの道を歩いていると、後ろから声が近づいてきます。
少年「あー、あっちの公園でもいいんだよなあ」
父「そうなんだ、近いよね?じゃあそっち行くか!」
少年「……そこでは曲がらないよー!!」
自転車二人組のうち、お父さんだけが道を曲がって坂を駆け下りて行きました。

阿佐ヶ谷アルシェでお待ちしております。池谷でした。

曲折

こんばんは、役者の遠藤です。
息抜きのあいまに人生をやっています。

思えば遠くに来たもので、今年でもう32歳になります。今回の座組の中でも最年長ですし、他団体でやっている合唱もそんな感じになっていて、もう言い訳の効かないおじさんなのだなぁと、しみじみ思ったりもします。

今現在、舞台の絶賛仕込み中なわけですが、朝から作業続きで疲れてしまったおじさんは客席で休憩しつつ、これを書いております。(8時PM現在)
しかしこういう、何かの本番直前の高揚感というのはいつになっても何者にも替え難く、気力体力の続く限りは続けたいなぁと思っています。

さて人間、30年あまりも生きてますと、色々と紆余曲折があるものです。とはいえ、紆余曲折したくてしている人、というのもあまりいないんじゃないでしょうか。
なのに気づくとしている、寄り道裏道回り道。どうしてでしょうね。

思うに誰も、その時その時ではまっすぐ前に進んでいるつもりなのではないでしょうか。私もそうです。その時その時で、自分に正直に、やりたいことをやって生きてきたように思います。
しかし、人は変わります。価値観が。ぶれます。軸が。
そうした変化によって引き起こされるベクトルの変化とそれが描く軌跡こそ、個々の人生がユニークたりえる理由なのではないかと思います。

私も年を取ったと感じることはあるものの、まだまだ人生半ば。これからも正しく自分の軸に真っ直ぐ向き合いつつ、曲がりくねった人生を歩んでいきたいと思います。

明後日からいよいよ本番、気を引き締めてまいります!

曲と直のおもしろい関係

☆メンバーで順番にブログ更新中です。テーマは「曲がった話」です!☆

========

「曲」は直線で表せるのに曲がって感じるとはこれ如何に。
青字で「」って書いたら違和感あるのと似ています。

曲も直も”まっすぐ感”ありますよね。塗りつぶして遊べますし。
ミャンマー語あたりで「まっすぐ」って書いてみたら、きっと丸っこくてかわいいのでしょう。

曲がった線、と一口に言っても「(」のようなカーブの線もあれば
「<」のような直線の集合体もありますね。
曲がった、っていったいなんでしょう。

========

なんてことをつらつら考えている、キャスト・宣伝美術の石川です。
生きることへの意識が”曲がった”話をしようと思います。

劇団員紹介で「子供のふりをしたかったのに、今は大人のふりして生きています」と書きました。
ずっとずっと子供のふりをしたかった。本当にそう思って生きてきました。

女性は7年周期で節目がくると言われています。
私はもうすぐ4周目が終わります。
0〜7, 8〜14, 15〜21、そして21〜今。

初めて死にたいと思ったのは小学2年生の頃です。
覚えているのは、4階の家から下を見下ろして「この高さでは足りない」と思ったこと、
高層ビルから女性が飛び降り自殺したニュースを誕生日に見て「先を越された」と思ったこと。
あの頃は、自分は生きていてはいけない、と思っていました。

13,14あたりは割と楽しくて、節目の頃はそんなでもなかったかな、と。
積極的に生きているモチベーションはないけれど、ただ毎日は無為に過ぎていたのかな、と。
記憶がない理由が思い出せないのがこの頃です。

15,16,17あたりで暗黒時代に突入します。
実際に死にかけていました。精神はもちろん、肉体が滅ぼされようとしていた頃です。
実感を伴った記憶はほとんどありません。
ネタとして話すには事欠かない程度の他人事のような記憶がたくさんあります。

18になって、革命の時代が来ます。楽しくて仕方なかった時代が来ます。
節目の21の頃、外では毎日が楽しかったのでしょう。
一方で家は本当に嫌で、私は守りたい人がいたから無理をしてでも生きていました。
私が生きていなくてはならない、と思っていました。

節目を超えて22、守りたい人と決別してそこから自分の人生を歩みだしたような気がします。
死ななくて良かったとか生きていて良かったと言えることはないのですが
何かのタイミングで死んだらそれはしょうがないと思うようになりました。
生きているなら最大限頑張るけど、それが何かで断ち切られても文句はない、と。
きっと、贅沢な生き方をしているのでしょうね。

7歳の私の意識を作ってきた言動たちから私を守ってあげられたら良かった。
そんな子が目の前にいたらぎゅって抱きしめてあげたい。よしよししてあげたい。
思う存分好きなことをさせてあげたい、好きなことを言わせてあげたい。
でもどうやって抱きしめればいいのでしょう、どうやって撫でればいいのでしょう。
そんなことすら分からない、でも分かっている大人のふりをしています。

21で守りたかったその人を守り抜くことはできなくて、私だけ先に逃げたので
今3周目後半のその人が、節目節目にどんな死生観を持っていたのか
聞きたかったなと思います。

27の私は、35までもし生きていたらどんな風に生きることへの意識が曲がるかなって
今から少し楽しみでもあり、それまでに死んでしまったら仕方ない、と思うのです。

私は、真っ直ぐに生きている、つもりです。

========

そんなそれぞれの生き様を持ったメンバーが集結した舞台がこちら!
(無理やり宣伝につなげていくスタイル!!)

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

劇団たくあん四本目
「曲がれ!スプーン」
原作 上田誠
脚色・演出 風口竜也

阿佐ヶ谷 アルシェ にて

2017年11月
4日(土) 13:00 / 18:00
5日(日) 12:00 / 16:30
※開場は開演の30分前です。

一般 2,000円  学生割引 1,500円
○事前精算のお客様には劇場にて特典プレゼント!

========

会場でワクワクしながらお待ちしています。